2012年03月08日

最強のアンチエイジング 成長ホルモン


成長ホルモンの分泌が決め手

成長ホルモンは、人間のからだを成長させ、若々しく維持していくものです。
脳下垂体から染み出て、各器官にはたらきかけ、骨密度をアップさせ、弾力のある肌をつくり、さして運動しなくてもスリムな体型をキープしてくれます。

しかし、成長期をすぎると、成長ホルモンの分泌はガクンと減ってしまいます。60歳すぎると、ほぼ出ないという考えさえあります。

この成長ホルモンを注射で補充するには、お医者さんのところにいかなくてはなりません。

しかし、成長ホルモンの分泌を協力に促す栄養素があります。

アルギニン

アルギニンは脳下垂体を刺激して、成長ホルモンを放出します。成長ホルモンの放出を邪魔する物質をおさえ、放出をたすけるとともに、高齢者の弱ったホルモン分泌細胞を回復させるともいわれています。

アルギニンを大量に含むマカを三週間摂り続けた結果、成長ホルモンの分泌量が30倍にあがったという例があります。(骨年齢は60代から40代に、血管は50代から40代前半に若返った)

アルギニンは就寝前に摂ると、より効果的だそうです。(睡眠時に成長ホルモンが分泌されるため)







    元気を分けて♪人気blogランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。