2006年05月18日

うつ病にギャバが効く!?

米の精米技術が発達してから幼児虐待が増えた?


先日、VOICEの広告雑誌を見ていたらこんな記事が――。


最近、ギャバギャバいいますが、


ギャバって忍耐力を養うのにも効果があるらしいんです。


(゚∀゚)


ギャバは脳内物質の「ガマン・切り替え・抑制」という働きをするとのこと。

最近の食べ物はグルタミンサンが多く含まれているのですが、これは「アクセル」の作用をする成分。

ヽ(`Д´)ノアクセル、アクセル、アクセルでは人間はキレたり、うつ病になったり、自律神経症になったり、とおかしくなってしまいます。

これらの症状が増え始めたのは、25年前の精米技術が発達し、米に米ヌカがまじらなくなった時期と合致するという説もあります。


ブレーキの食品――それがギャバ

ギャバでうつ病やストレスが改善される!


このギャバは米ぬかで摂れます。玄米でとるのが一番。

玄米を30分以上水につけるとギャバがぐぐんと増えるらしい。

(4時間が一番ピーク)


また、先日、あるあるで玄米にヨーグルトを使うとヨロシという話をやっていました。

いざ、家族の健全な精神力を守るため、

玄米ライフでござる。



ギャバは血圧調節、肝臓、腎臓の機能向上、コレステロールの抑制にも効果あるよ( ̄Д ̄)ノ






    元気を分けて♪人気blogランキングへ

2006年03月13日

キチン・キトサン

キチン・キトサンてなに?


ラブ: 最近、言わないけどキチン質ってダイエット効果があるんだって?

侍 : さよう。言わないけど、ダイエット効果がなくなったわけではないでござるよ。


ラブ: キチン質、ってなに?

侍 : 動物性の食物繊維。キチンとキトサンを総称して、キチン・キトサンをよばれる

ラブ: そのまんまだ(゚∀゚)

侍 : 食物繊維だから便秘を解消してくれるでござる。食べものの脂肪分を吸着して、排泄してくれるのでござる。
ラブ: おお

侍 : さらにキチンに含まれるN−アセチルキトオリゴ糖なんかがビフィズス菌を増やして腸内環境をととのえてくれるので二倍おいしいでござる



ラブ: か、カニ食べればいいの? でも毎日カニづくしというのも――。

侍 : ( -_-)ノ −−−===≡≡≡ 卍 身じゃなくて殻。

ラブ: 殻?(・◇・ )

侍 : カニや海老、オキアミの殻。イナゴなんかにも入っているでござる

ラブ: イナゴは少々……

侍 : 桜エビとかをごはんにかけて食べれば、いいでござるよ 

ラブ: それなら簡単だね

侍 : ちなみにタラバガニは足が三対しかないので、カニではなくヤドカリの仲間でござる

ラブ: あんまり関係ない話だ







    元気を分けて♪人気blogランキングへ

2006年02月21日

東洋医学の威力

漢方でイボがとれた――ヽ( ・∀・)ノ



心とからだ、キレイで元気!―おんな25歳からの健康開運学


これは東大病院の先生が書かれているご本。


先生もふつうに西洋医学から出発したのですが、

病院の壁にぬられた塗料のアセトアルデヒドで、吐き気がとまらない。

それを治そうと飲んだ薬で、まっすぐ歩けなくなった、ということがございました。


そこで出会った漢方医に、

「まずアセトアルデヒドの毒を出さなくてはいけません」
と肝機能をよくする漢方薬と吐き止めの漢方薬を処方してもらいました。


これが――

治ったばかりか


顔のイボまでとれてしまったという――!



ここから、先生の東洋医学への探求がはじまったのだそうでございます。


東洋医学といえば何かあやしげな雰囲気がありますが、

数千年にわたる



人体実験の集大成(・∀・)



と思えば、験があるのもあたりまえ。

漢方ではありませんが、ラブも以前、で劇的に治ったことがあります。

背中が痛くて腕もあげられなかった時、

友人の鍼師に鍼を打ってもらったら、

翌日――


もっとひどくなった(* ̄∇ ̄)ノノ




でも、その翌日に完全完治

(゚Д゚)クワッ

東洋医学――あなどれません



心とからだ、キレイで元気!―おんな25歳からの健康開運学











    元気を分けて♪人気blogランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。