2007年08月24日

脂性の人は紫外線でより老化?!

オイリースキン注意! 紫外線で脂が酸化


「顔に浮いた脂って危険?」


紫外線は脂質を酸化して、過酸化脂質という有害物質に変えます。
皮膚に浮いた脂が紫外線にあたって、過酸化脂質に変化。
過酸化脂質は皮膚の細胞にダメージを与え、老化を早めてしまうこと
があるのだそうです。


「脂性の人はどうしたらいいの(´;ω;`)」


紫外線の活性酸素に対抗するのが、抗酸化力のあるビタミンE

ビタミンEを必要量摂っていれば、皮膚の脂が酸化するのを防ぎ、
日焼けの害、老化を少なくすることができます。


ただし、このビタミンEは蓄積性があるので、サプリなどで摂りすぎ
てはダメ。
食べ物から摂ってくださいね。



ビタミンEをたくさん含む食べ物はナッツ、かぼちゃ、しそ油、イワシなど。

コツはビタミンCをあわせてとること。抗酸化パワーが長持ちしますよ。









    元気を分けて♪人気blogランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。